最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。

**************************************************************************

現在、2024年7月会員様を募集中です。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


**************************************************************************

皆様、こんばんは。

本日は「七夕賞」を分析します。
まずは舞台となる福島芝2000mコースについて考えます。
七夕1
福島芝2000
スタートは4角ポケット。1角まで約505m(Aコース時)と非常に長い直線が続きますが、これは芝2000m全コースの中で2番目の長さ(最長は新潟外回り)。新潟外回りは最後の直線の長さも日本一ですからスタート後の直線は長くても激しい先行争いになることは少ないですが、福島はツーターンで最後の直線が短いコースですから全ての動き出しが早めで、それゆえに最序盤のラップは上がりがち。中盤以降も速いままで全頭疲れた状態で勝負所に向けば先行馬有利になるのですが、福島はコーナー4回且つ1~2角の径も大きくはないので、どうしても緩急の付くラップになりがち。更には先週も解説したように3角が典型的なスパイラルカーブで動き出しも早いのですから、差し馬が有利になる構造です。
七夕2
これは各芝2000mコースにおける2角8番手以下通過馬の成績(過去10年・13頭立て以上・新馬戦除く)ですが、顕著では無くても福島芝2000mにおける成績が良いことが分かります。

更に、馬場が早期に荒れやすい福島では開催が進む毎に差し馬有利になる傾向が
七夕3
これは福島芝2000mにおける開催日別の成績ですが、開催4日目あたりから好走率は上昇し、7日目・8日目は単複共に回収率が爆上がりしている(=穴馬が走っている)ことから、開催が進むに連れて差し馬有利になることが分かります。

と言うことで、これらを踏まえた上で過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見てみます。
七夕4
七夕5
レースラップについては、過去10年中スローペース2年・平均ペース1年・ハイペース7年。重馬場だった2020年を除く過去9年の前半3F平均ラップは34.7秒と速いですから、やはり最序盤からペースは上がる傾向。そうなると脚質的にもコース傾向通りに差し優勢になると思いますが・・・
七夕6
これは2角位置別成績ですが、やや差し優勢程度。ただスローペースだった2年を除くと・・・
七夕7
非スローペース年8年における3着内好走馬24頭中15頭が3角7番手以下通過馬とよりハッキリとした傾向になりますので、コース傾向通りに序盤からペースが上がれば差し優勢と決め打って良いと思います。

次に見ておきたいのが人気別成績
七夕8
過去10年における全頭ベタ買いの単勝回収率111%・複勝117%と共にプラスとなっているように荒れる重賞で、3連複の平均配当は77,744円。10万馬券が2回で、4桁配当は一度だけですから、フルスイングで特大ホームランを狙うべきレースと言っても良いでしょう。
単勝1~3人気馬は【7-2-2-19】勝率23.3%(単回値135円)・複勝率36.7%(複回値78円)と勝ち馬頭数こそ多いものの、同時に2頭以上が馬券に絡んだのは10年中2年だけ。一方で単勝6人気以下の人気薄は【2-5-8-87】勝率2.0%(単回値114円)・複勝率14.7%(複回値141円)と好走率こそ低いものの、過去10年で15頭が馬券に絡み、10年中5年で2頭が同時に馬券絡みを果たしていますので、この人気帯の馬を効率よくピックアップすることが穴馬券ゲットへの近道になりそうです。

6人気以下で馬券に絡んだ15頭に関して共通する項目で、再現性がありそうなものについて列挙すると・・・
・15頭中14頭は6歳以下馬で、7歳以上馬は【1-0-0-30】
・15頭中13頭は今回乗り替わりで、前走から継続騎乗だった馬は【0-0-2-26】
・15頭中12頭は前走3角4番手以下通過馬で、前走3角3番手以内通過馬は【0-1-2-28】
・斤量56㎏以上(2023年以降は57㎏以上)の牡馬は【0-1-0-37】、軽斤量馬に良績が集中。中でも55㎏以下(2023年以降は56㎏以下)且つ前走から斤量減の馬が優勢

こんな感じになりますので、複数項目に該当する人気薄には注目したいです。

と言うことで本日は以上。

最後に面白い穴馬をご紹介と行きたいところですが、それは最終見解のネタバレになりますので、ここではやや疑いたい人気馬をご紹介して本日の締めとさせて頂きます。
この人気馬です
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内に馬名を記載しておきます(10位ぐらい)
キレる脚は持っていないので舞台設定自体は向くと思うのですが、そもそもの能力が通用するのかが疑問。3走前には強敵相手に接戦を演じていますが、あれは相手が完全にヘグったものですから着差=能力差では全くないですし、前走にしても4走前にしてもベストの展開とは言わずとも走れない展開ではなく、それでいて重賞で足りていない相手に完敗ですからね・・・ペースが速くなるかも知れないメンバー構成においてスローペースしか経験していないことも不安で、それでいて斤量の恩恵も無いとなると疑ってみたくはなります

次回は「七夕賞」の追い切り分析の予定です(金曜に更新できるか微妙ですが頑張ります)。