最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは

本日は「マーメイド」の追い切り分析です。
今回も評価は7段階(上から3+3-)としました。

馬名が隠されてリンクが貼られている箇所については、必ずリンクをクリックして馬名を確認するようにお願いします。リンク(バナー)クリックして頂くことで、転送先のランキングが上昇します。それが無料公開を続ける理由、モチベーションになりますので、ご協力をお願い致します。

 【2024 マーメイドS】 
5点:該当馬なし

4点:該当馬なし

3+点:マリネロ
美浦W併せ。ここまでコースで3本の時計を出して順調。1週前→当週と併せ馬を行うのはこれまでにないパターンで、これをどう取るかですが、レース間隔的にもここに向けて一段階負荷を上げたと言うポジティブな解釈で良さそう。四肢を大きく使って弾むように走る様子からは体調の良さが隠せない感じで、馬体の張りも非常に目立ちます。体調だけなら太鼓判を押せますね

3+点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(A)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
栗東坂路単走。2走前と同じ中7週の臨戦ですが、コースと坂路併用で4本の速い時計は当時と同じ。今回は1週前にコースで長めから速い時計を出しており負荷は強めで、ここまでは至って順調です。今週の坂路も滑るように真っすぐに登坂して特にケチを付けるところはなし。あえて言えば前走の方がグリップに力感がありましたが、これとて誤差の範疇。自身の能力は発揮出来るであろう好状態です

3+点:「FC2ブログランキング」の当ブログ紹介文内(Z)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(20位ぐらい)
栗東CW単走。時計の出し方こそ違いますが、帰厩後しばらくは坂路で造って、後半にコースで乗られると言う前走と同じパターン。前向きさが強くやや行きたがる面は見せましたが、それでもコントロール出来ない感じではなく、手綱を開放されたラスト1Fでは鋭く伸びて11.2秒の速いラップを計時。前走の調教映像が無いので比較は出来ませんが、時計だけで判断するならば前走より一段階上がっていてもおかしくないですね

3点:ゴールドエクリプス
栗東CW単走。1週前にコースで6F80.0秒の速い時計を出していますので、今週は全体時計はやや控えめに終いだけを伸ばす形。良くない時には力んで行きたがってしまう本馬ですが、前走にしても今回にしてもリラックスして走れていることが何よりで、だからこそ先週も今週もラスト1Fで速いラップを踏むことが出来ています。前走でも動きは悪くなかったので3点評価にしましたが、その中では間違いなく上位の扱いです

3点:ホールネス
栗東芝単走。芝・坂路・ウッド併用の調教内容。全体に速い時計が少ない点に物足りなさを感じますが、これまでもそういう調整ですから問題なく、ここまで順調に来たと言う解釈で良さそうです。目の輝きが良く、前を見据えて集中して走れる真面目さも好感。状態は良さそうに映りますが、気になるのはどう見てもパワー型のフットワークであること。高速馬場への対応は大きな課題になります

3点:アリスヴェリテ
栗東坂路単走。中2週の詰まった間隔になりますが、日曜には4F55.8秒、今週は4F51.8秒と強気の攻めが行われており、ここに賭ける陣営の高い意欲は伝わって来ます。今週は速い全体時計を出したので流石に最後は苦しくなりましたが、それでもラスト2F12.0-12.1秒と大きく減速せずに我慢出来ましたし、この持久力こそが本馬のストロングポイント。この追い切り通りに序盤からペースを緩めない逃げを打って来そうですね

3点:ピンハイ
栗東坂路単走。この中間はあまり速い時計を出していませんが、常に馬体維持が課題になる馬が中4週で走るのですから当然です。1週前時点の馬体に特に細いと思えるところはなく、今週も欲を言えばもう少し張りは欲しいですが、細いと言う印象はありませんので馬体重に関しても心配しなくて良いかも。体幹の強さが感じられるフットワークは流石と思わせるもので、自身の能力は発揮出来そうですね

3点:ジューンオレンジ
栗東坂路単走。折り合い対策として直前に速い時計を出さないようにしているのが近2走。その効果はレースにも表れていますが、今回はその中ではそれなりに速い時計を出して来た感。その点で少し心配はありますが、映像を見る限りは特に暴発することもなく折り合って走れていますので、過度な心配は不要かも知れません。四肢の可動域が狭いので距離は心配ですが、カチッとまとまった馬体は見栄えのするもの

3点:インザオベーション
栗東坂路単走。中3週と間隔は詰まっていますが、コースと坂路で一本ずつ速い時計を出して調整は順調。今週の坂路は手応えの割に終い精度がイマイチでしたが、元々速いラップを踏める馬ではないのでこんなものでしょう。大きな上昇があるとは思えませんが、この馬なりに順調ではあります

3点:エリカヴィータ
美浦W併せ。前走がかなり熱のこもった調教内容で勝負度の高かったレース。それに比べると今回は全体にトーンダウンした内容ですし、併せ馬で先着したとは言え手応えは若干渋く併走馬に劣るもの。前走よりは若干状態は落ちていると言う判定です

3点:ファユエン
美浦W単走。乗り込みは順調なのですが、最終追い切りは最内を回った割には時計がもう一つですし、ラスト1Fも11.9秒と弾け切れず。キチンと締まった馬体の見た目は決して悪いものではないのですが、もう一歩活気が欲しかったのは確かで、ちょっと物足りません

3-点:ベリーヴィーナス
栗東CW単走。中1週の臨戦でもコースでしっかり時計を出せたことは評価出来ます。ただ口周りが泡だらけでかなり力んだことが伺い知れますし、直線では一度も手前を換えることなくフィニッシュと走りに余裕がないことは大変気になります。レースでも力む面が見られる馬ですが(特に番手競馬になった場合)、間隔が詰まることで余計に行きたがる面を出すのではないかと心配になる追い切りでした

3-点:タガノパッション
栗東坂路単走。中山牝馬S時と同じ中7週の臨戦ですが、あの時が4F57秒を切るところを5本乗られていたのに対し、今回は2本だけと量的な不足感は否めず。その分2本ともに速めの時計を出しているのですが、1週前はラスト2F12.3-13.0秒、今週は12.2-12.9秒と減速してラスト1Fラップが詰まらず。馬なりではありましたが、追われて伸びていた感じはなく、苦しくなったか内にモタれてもいましたので、ちょっとこれでは息持ちが不安です

3-点:ラヴェル
栗東CW単走。ここまで速い時計はコースで2本のみ。この2本が6F81秒台と時計は速いのですが、それでも中13週の間隔を考えると量不足は否めず。1週前にはラスト1F13.4秒と歩きましたし、今週は11.8秒と時計こそまとめましたが一杯一杯で渋い手応え。まだ息が出来ていない可能性が高く、これでは心配です

3-点:セントカメリア
栗東坂路単走。いつも速い時計は出さないのですが、今回はいつもよりも一回り遅めの時計に終始し、重賞を戦う調教としては寂しめ。更には1週前も当週もかなり行きたがってコントロールするのに苦労するほどで見栄えは最悪。そして力んだことで終いの反応も渋く(いつも反応は渋めではありますが)、どこを切り取ってもネガティブな印象しかありませんでした

2点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(B)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
栗東坂路単走。転厩初戦だった前走は坂路3本+コース2本と量的に少なく、またあまり速い時計も出さず質的にもどうかと見ていましたが、全く良いところなく大敗した結果からは全く力を出せていないと考えるべきでしょう。今回はその前走と同じ中10週ですが、坂路3本+コース1本と量的には前走よりも少なく、この時点でどうかなと思います。それでも前走と違って1週前にかなり速い時計を出して強い負荷は掛かっているのですが、追われてフットワークがバラバラ&残り200mで手前を3度も換えた今週の動きを見ると「整っている」とは思えず、流石にこれでは高い評価は出来ません。もちろんプロの仕事なのでこれでもあっさり走られる可能性はあるわけですが、それにしても・・・