最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは

本日は「函館スプリントS」の追い切り分析です。
今回も評価は7段階(上から3+3-)としました。

馬名が隠されてリンクが貼られている箇所については、必ずリンクをクリックして馬名を確認するようにお願いします。リンク(バナー)クリックして頂くことで、転送先のランキングが上昇します。それが無料公開を続ける理由、モチベーションになりますので、ご協力をお願い致します。

 【2024 函館SS】 
5点:該当馬なし

4点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
函館ダート併せ。美浦でコース2本+坂路1本の時計を出した後に先週函館入り。函館ではダートコースで5Fから2本速い時計を出されており、乗り込みは順調です。今週は先週よりも5Fで1秒速い時計を出しましたが、これは全体の2番目の速い時計。それでいて馬なりのままラスト1Fを11.9秒でまとめたのですから上々で、並走馬を早々に置き去りにしました。馬体は引き締まってメリハリ十分ですし、肌の質感も上々。これはかなり体調が良さそうです

4点:シナモンスティック
美浦W単走。他馬とは違ってギリギリまで美浦で調整。本馬の体調のバロメーターはラスト1Fで11秒前半の時計が出せているかですが、前走まではなかなか時計が詰まらず手応えもイマイチ。ただ、今回は1週前に11.1秒、今週も楽な手応えのままで11.4秒のタイムが出ており、この数字だけで体調が上がっていることが分かります。更には動きにも明確に躍動感が出ており、前走とは雲泥の差のデキ。馬柱だけを見て甘く見ていると痛い目に遭うかも知れませんよ

3+点:「FC2ブログランキング」の当ブログ紹介文内(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(20位ぐらい)
函館W単走。5月上旬に帰厩して美浦でコースを4本+函館で1本の合計5本の速い時計を出しており量的には及第点。1週前には6F80.3秒の速い時計を出しつつラスト1F10.7秒でまとめる強烈な内容で負荷を掛けていますので、今週はごく軽めに馬なりで一本。美浦と違ってパワーが必要な函館のウッドコースなので素軽さと言うよりパワーを感じる走りでしたが、柔軟性も兼備していて上々。一見馬体が立派過ぎる感じもありましたが、函館到着時で504㎏だそうですから、これは画角の都合かも知れません。上々の内容です

3点:サウザンサニー
函館芝併せ。美浦で5本しっかり時計を出してから函館入りし、今週は芝コースでの併せ馬。1週前はもう一歩反応が物足りませんでしたが、あの一追いで良くなって今週は楽な手応えのままで先着。内を回ったことは考慮すべきでしょうが、楽に1F11.5秒ですから上々ですし、やや硬めの捌きも洋芝だと考えれば心配する必要はないでしょう。戦績通りに今は体調が良いのでしょうね

3点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(D)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
函館芝単走。近走はコースと坂路併用で乗られていますが、今回は坂路ではほぼ速い時計は出さずにコース中心で時計を出す形。やや間隔が開いたからかも知れませんが、ずっと好成績を挙げて来ているだけにパターンを変えたことはやや心配になります。動きの方も目立つものではなくて、1週前は1F10.9秒の時計は出たものの手応えは渋め。今週は函館の芝コースで追われましたが、引っ張り切りだった2走前と違って若干促しつつでしたし、直線で右手前に戻してしまったことも気になったポイント。動きが良くないとまでは言いませんが、研ぎ澄まされていると言う感じもありません

3点:ジャスティンスカイ
函館芝単走。池添J騎乗での最終追い切り。道中はグッと首を下げて気合を内に秘めつつ暴発しないように我慢。ここまでは非常に良い感じでしたが、直線に入っていざ追われると重心が上がって思ったほど推進せず。それでも1F11.6秒ですから上々なのですが、道中の感じからするともう少し弾けてほしったのは事実で・・・

3点:ビッグシーザー
函館W単走。栗東ではコース1本+坂路4本の速い時計を出していますので、乗り込み量自体は標準的。ただ坂路時計は若干抑えめでゴリゴリに仕上げて来た感じはなく、こことその先を考えたような調教過程です。それは今週の動きにも出ており、馬体は意外とスッキリしていましたが終始手応えは渋め。基本的に坂路で仕上げられる馬なので慣れないコースが影響したことも考えられますが、動きだけを冷静に見るとさほど高く評価出来るものではありません

3点:キミワクイーン
函館W併せ。美浦では6本の速い時計を出し、1週前時点で結構良い反応を見せていましたので、あの時点でほぼほぼ仕上がっていた感。従って函館入りした今週の内容は軽めのものでしたが、これで十分。順調に仕上がったと思いますが、馬体のメリハリなのかは昨年の方が良かったですし、フワッとした今年と違ってより推進力もあった感。悪くはないですが昨年には劣る印象

3-点:セッション
函館芝併せ。新馬相手の併せ馬なので先着は当然ですが、それでも比較的楽な手応えで1F11.4秒を記録しましたので、全体的にはまずまず評価出来る最終追い切りだったと思います。ただ、中6週の割に栗東で出した速い時計はコースでの2本のみ。ちょっと流石に量不足だと思いますし、1週前には併せ馬で2馬身ほど遅れてもいますので、急仕上げ感は否めないと思います

3-点:カルネアサーダ
函館芝単走。福永厩舎に転厩しての初戦だった前走が、それまでのコース中心から坂路オンリーへとパターンを変えた調教内容。今回もそれを踏襲して坂路で追われてから函館入りし、今週は芝コースで軽めに。見た目にスッキリ仕上がっているようには見えますが、昨年に比べて活気に欠ける感じであることは気になる材料。脚質が脚質だけに、もう少し前進気勢が欲しかったです

3-点:ジュビリーヘッド
函館W単走。昨年と同じローテーションですが、安田隆行厩舎から転厩していますので、今年はウッドコースでの最終追い切り(昨年は芝コース)。その昨年に比べて特に前肢の可動域が小さくなっているので、頑張って走ってはいるのですが前に推進して行かないのは非常にもどかしいところ。近走敗戦の多くは訳ありではありますが、フットワークのメカニック自体が狂っていることも関係しているかもで、昨年ほどのパフォーマンスは期待出来ないかも知れません

3-点:オタルエバー
函館W単走。中13週と間隔は開きましたが、この中間は坂路で速い時計を3本+函館に入ってウッドで1本の合計4本。坂路時計もこれまでを考えるとおとなしめの時計ばかりで、質・量共に不足感は否めません。決め決めの動きに欠けて間延びしている動きもパワーロスが目立つもので、促しつつラスト1F12.8秒しか出なかった時計も不満足なもの。まだまだ仕上がり途上の印象を受けました

2点:カイザーメランジェ
函館W併せ。前走後に美浦でプール調教を行ってから、一足早く先週には函館入り。その週に5F65.5秒の速い時計を出しましたので、今週は併せ馬こそ行いましたが時計的な負荷は掛けない内容。ただ、そんな人間の思惑とは裏腹に終始行きたがって最後まで力んだままでフィニッシュ。最後はコントロールすることすら難しい感じで、流石にあの内容では最低評価にせざるを得ないですね

-点:シュバルツカイザー
調教映像無しのため評価対象外

-点:ゾンニッヒ
調教映像無しのため評価対象外


明日は土曜の「注目馬」と、時間が許せばエプソムCの追い切り分析をアップします。