最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは

本日は「日本ダ―ビー」の追い切り分析です。
今回も評価は7段階(上から3+3-)としました。

馬名が隠されてリンクが貼られている箇所については、必ずリンクをクリックして馬名を確認するようにお願いします。リンク(バナー)クリックして頂くことで、転送先のランキングが上昇します。それが無料公開を続ける理由、モチベーションになりますので、ご協力をお願い致します。

 【2024 日本ダ―ビー】 
5点:該当馬なし

4点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(A)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
美浦W併せ。全体の調教負荷は前走より軽めですが間隔が違いますし、軽いと言っても十分に負荷は掛かっているのでこれで十分。1週前の動きも素晴らしかったですが無駄肉が付いていたのも事実で、その点に物足りなさがありました。ただあの一追いでしっかり絞れて馬体はシャープに。それに伴って更に動きは良化し、柔らかみの中にも重厚感がある動きに。この重厚感が前走との一番の違いで、これはかなり良くなっていますね。文句なしの4点評価

3+点:ジャスティンミラノ
栗東坂路単走。激戦から中5週で再輸送が待っていますが、この中間は2週前にコースで6F81.4秒→1週前に6F81.6秒の時計を計時し、緩めるどころか前走以上に負荷を掛けているのですから驚き。1週前は全体時計が速かったこともあって併せ馬で遅れましたが、それでもラスト2F10.9-11.3秒と時計は出ていますから問題なし。今週は坂路で終いだけを伸ばす最終調整でしたが、これは前走と同じで友道厩舎のパターン。正直なところラスト1Fの反応は若干前走の方が上かなと思いましたが、前走より1.0秒速い全体時計を出していることを考えるとこれで十分。これ以上ない状態にまで造って来たと言う印象で、仕上げに悔いはないでしょうね

3+点:「FC2ブログランキング」の当ブログ紹介文内(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(20位ぐらい)
美浦W併せ。コースと坂路併用のこの厩舎のパターン調教でここまで速い時計を4本出して調整は順調。1週前には騎手騎乗で追われましたが、引っ張り切りの手応えのままで先着し、もうあの時点で走れる態勢は整っていたと思います。従って今週は速い時計を出す必要はなく、最後の微調整と言った感じの3頭併せ。時計が地味なのはそういう背景なので気にする必要はありません。ゴールを過ぎてからやや追われていたことだけがちょっと気になりますが、1角過ぎの手応えを見ると気を抜いただけと思われますので、特に気にする必要はないでしょう。万全

3+点:ダノンエアズロック
美浦南W併せ。中2週と間隔は詰まっていますが、3頭併せで6F82.0秒としっかり負荷を掛けて来ました。コース追いの比較では前走の1週前よりも明確に体に力が入るようになっておりトモの隆起も目立ちます。また流石は高額取引馬と言う感じの馬体のバランスの良さで、全体的にポジティブな印象でした

3+点:ショウナンラプンタ
栗東坂路単走。中3週の臨戦の割に1週前追いがかなり軽くなっている点は気になりますし、疲労はあるのだと思います。ただ、その分日曜に速い時計を出したことで帳尻は合っていますし、今週は最大の課題である折り合いがスムーズであることが何よりの強調材料で、毛艶も冴えてかなり良い動きでした。ここから再度の輸送を我慢出来るかですが、もしかすると前走以上も期待出来るかも知れません

3+点:ゴンバデカーブース
美浦W併せ。前走は坂路での最終追い切りでしたが、モレイラJ騎乗でも手応えは渋く、これでは流石に厳しいだろうなと思っていました。その前走に比べると今回は反応が良化しバランスも良くなっており、これはかなりの上昇が見込めそうです。ただ体型的にベストは2000mまでかなと感じます

3点:サンライズアース
栗東CW併せ。いつも通りに坂路とコース併用の調教内容ですが、前走時よりも一段階負荷を上げている点に好感。その影響で馬体はシェイプアップされて良い意味でギリギリの状態に。それに伴って反応も良化し併せ馬では楽に先着を果たしました(前走はギリギリ同入)。欲を言えばもう少し動きにシャープさが欲しいですが、それでも前走からの状態アップは明白です

3点:ダノンデサイル
栗東坂路単走。前走は直前で競走除外となりましたが、帰厩後して木曜には坂路で軽く時計を出せているぐらいですから大きな問題ではなかったのでしょう。その後は乗り込み順調で、1週前にはコースで6F自己ベスト時計を出して、今週は坂路でごく軽めの調整と言う過程ですから至って順調。軽めの内容なので動きは目立ちませんが、1週前の反応は上々でしたし青写真通りに進められたと言う点で高く評価出来ます

3点:シンエンペラー
栗東坂路単走。前走と同じくこの中間も坂路とコースで合計5本の時計を出しての熱心な乗り込み。1週前にはコースで6F79.8秒の速い時計を出して併せたミスタージーティーに大きく先着しましたが、この1週前追いの反応が前走時を上回るもので、この辺りに使って状態を上げて行く矢作厩舎らしさが出ています。今週の坂路ではラスト1Fでややふらついた点はマイナスですが、それでも前走よりも毛艶が冴えて状態面は上々。前走以上の状態でレースに臨めそうです

3点:ビザンチンドリーム
栗東CW併せ。概ね前走と同じような調教内容。1週前の併せ馬ではかなり反応が悪かったですが、あの一追いで上昇して今週は終いスムーズに反応して楽に先着。反応自体は前走よりも良いほどで、一度使われて確実に状態は上昇しています

3点:シックスペンス
美浦坂路併せ。2週前→1週前とコースで自己ベストを更新する速い時計を出しつつ、今週は坂路3頭併せで流石の瞬発力を見せて楽々先着。これらの調教過程だけを切り取ればもっと高く評価すべきだと思います。ただ、1週前の左回りでのコース追いでは直線で内にモタれ、今週の坂路ではコーナーを逆手前で回っており、これらを見ると左回りへの対応がかなり不安になります。その点で減点

3点:シュガークン
栗東坂路単走。中4週以内で使われること5戦目。前走では2400m戦を走り、そこから中3週で再輸送ですから流石にハード。そういった中でも1週前にコースでしっかり時計を出せていますので感心しますが、今回はルーティンの週末時計が抜けており、今週の坂路もごくごく軽め。これらから流石にもう上積みはないでしょうし、現状維持が精一杯と言う感じですからね・・・高くは評価出来ません

3-点:サンライズジパング
栗東坂路併せ。前走と違って今回は間隔がやや詰まっているので全体的な調教ボリュームは前走以下ですが、まあこんなものでしょう。最終追い切りは坂路での併せ馬でしたが、1馬身少々先着。ただ手応え的には並走馬の方が上でしたし、全体時計がそこまで速くなかっただけに、もう少し余裕をもって登坂して欲しかったのも事実で

3-点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(B)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位ぐらい)
美浦W併せ。皐月賞後も順調に乗り込みを消化していますが、1週前の反応がイマイチ。そこから良くなって来ると思われた今週でしたが、終始馬なりと言ってもどうにもスピード感に欠ける感じがあって、残り1Fでは軽めにでも手が動いてのものですから物足りなかったですね。前走が激戦だっただけに、流石に疲労が残っているのでは?と思える内容でした。やや厳しいですが、前走から上昇している馬が多いですから、相対評価としては3-点とせざるを得ません

3-点:ミスタージーティー
栗東坂路単走。1週前には大きく追走していたとは言えシンエンペラーに遊ばれて2馬身遅れ。今週は坂路を真一文字に登坂して印象は良かったですが、前走と動きに大きく変わった点は無し。距離を考慮して前走よりも絞った感じの馬体ですが、これも前走の方が良かった感じがあって・・・

3-点:ジューンテイク
栗東坂路併せ。中2週で長距離輸送を控えているので全体に軽めも、合計3本時計を出して18日(土)にはしっかり負荷を掛けられていますので、決して緩め過ぎているわけではありません。ただ今週は全体にフワフワとヨレて走っており、合計5回ほど手前を換えたことも感心せず。前走がかなり負荷を掛けたメイチ仕上げだっただけに流石に上昇はなく、現状維持が精一杯と言う感じでしょうか

3-点:エコロヴァルツ
栗東坂路単走。前走より全体的に調教負荷はトーンダウン。今週の坂路ではラスト1F12.1秒と時計こそ出ていますが、推進力はかなりイマイチでスピード感に欠けている点は残念です。もしかすると疲労が影響しているのかも知れず、前走以上は期待出来そうにありません


「日本ダービー」の予想は午前3時頃までにアップします。