最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

本日はダービーの直後に行われる「目黒記念」を分析しますが、時間の都合上やや薄めの内容になります。申し訳ございません。

まずは舞台となる東京芝2500mコースについて考えます。
目黒1
東京芝2500m
スタートは直線の残り400m標あたり。1角まで約413m(Cコース時)と十分な距離はありますが、上りスタートであることと長距離にカテゴライズされる距離が意識されるので序盤に極端に速いペースは刻まない傾向。1角を回って隊列が決まって以降はペースは落ち着き、大箱コースだけに捲り馬も出にくいため淡々と勝負所まで進む傾向。ペースが上がるのは3角入口あたりからで、格が落ちるに従ってペースアップ地点は後ろにずれる傾向。
芝2400mとは100mの距離差ですが、「2度の坂越えになること」「1角までの距離が長くなり序盤のペースは2400mより速くなること」これらの理由から100mの距離差以上にスタミナが要求されるコースです。そして注意したいのはスタートが上りなので、後躯が弱く前輪駆動型の馬はスタートでダッシュが付きにくいこと。例えば中山芝1800mや中京芝2000mは上りスタートなので、これらのコースでスタートを失敗している馬は出遅れ(出負け)する可能性は高いですし、京都の下りが得意な馬もスタートで失敗する可能性が高いコースです。

次に過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見ておきます。
目黒記念1
目黒記念2
同じ東京芝2500mの古馬G2でも、目黒記念は淀みないペースになり、アルゼンチン共和国杯はスロー瞬発戦になるのが以前のパターンでした。ただ、近年は明らかに傾向に変化が見られており、近3年は全て前後半差4.0秒以上の超スローペースになっています。

2021~2023年平均ラップ
7.3-11.4-12.1-13.1-13.2-12.4-12.4-12.6-12.3-12.1-11.2-10.9-11.7(63.2-58.2)

2013~2020年平均ラップ
7.3-11.2-11.3-12.5-12.3-12.0-12.1-12.2-12.0-11.9-11.7-11.6-11.9(60.5-59.1)


これを見ても分かるように以前とは異質のラップになっています。近年は特に逃げ馬不在、単騎逃げ見え見えと言うメンバー構成ばかりだったのでたまたまの現象かも知れませんが、レース展開にはトレンドが確実に存在しますので、決して無視は出来ない現象です。

これだけペースが緩くなると多少動き出しが早くなろうがG2レベルの先行馬なら耐えられるもので、近3年の3着内好走馬9頭中6頭が3角4番手以内通過馬。2020年以前の7年間における3着内好走馬21頭中で3角4番手以内通過馬が2頭しか居なかったことを考えると、狙い目になる脚質も以前とはまるで違っています。今年も登録馬を見ると、どうにもペースは落ちそうな感じがありますので狙い目は先行馬になるかも知れませんね。

最後に、データ面からは長距離にカテゴライズされる距離だけに、やはりこのデータは欠かせないところで
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内にデータを記載しておきます(10位ぐらい)
該当馬は【6-7-5-53】勝率8.5%(単回値87円)・複勝率25.4%(複回値128円)。過去10年全てで1頭以上が馬券に絡み、近5年連続で2頭以上が馬券に絡んでいるので該当馬には要注目ですが、中でも当日8人気以内馬に限ると【6-6-4-20】勝率16.7%(単回値172円)・複勝率44.4%(複回値135円)となかなか熱いデータになりますし、更に前走重賞で8人気以内に支持されていた馬に限ると【5-2-3-5】勝率33.3%(単回値371円)・複勝率66.7%(複回値216円)と激熱に。今年は多くても2頭しか該当しそうにありませんから、これだけを根拠に軸馬に据えても良いかも知れませんね。

明日は「葵S」を分析する予定です。