最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

本日は「日本ダービー」を分析します。
まずは舞台となる東京芝2400mコースについて考えます。
オークス1
東京芝2400(PNG)
スタートは正面スタンド前で競馬場を一周するコース。最初のコーナーである1角までは約313m(Cコース)と決して十分な距離があるとは言えず、多頭数戦では1角までの先手争いが激しくなりゴチャつく傾向が。特に外枠に入った先行馬は最序盤にかなり出力を上げないといけない点で不利です。東京競馬場は新潟外回りに次いで一周距離が長いコースで、コーナー距離は全競馬場で最も長くてゆったり。一見道中は淡々と流れているように見えますが、2400m戦においては道中で上りと下りの局面が2度現れる点でタフで、実は直線に向くまで距離以上に消耗することになりますので、特にレースを引っ張る先行馬には厳しい舞台です。
オークス2
これは東京競馬場の1800~2500mの各距離における3角4番手以内通過馬の成績(過去10年・13頭立て以上・新馬戦除く)ですが、2400m・2500mでは好走率が落ちていることからも、コースを一周するコースを前で受けることが如何にタフであるかを表しています(2500mでは直線の急坂を2度超えるのでよりタフ)。従って脚質的にはやや差し馬優勢。

そして、東京芝2400mは「紛れが少ない」と良く言われますが、まあ紛れは少な目ですが枠順の有利不利は確実に存在していて、コーナーを4回回るコースだけに当然ロスなく立ち回り易い内枠優勢=外枠不利。
オークス3

特に、先行馬については外枠不利がより顕著に。
オークス4
これは前走3角4番手以内通過馬に限ったデータですが、理由は先程書いた通り。ただ、見方を変えると先行馬が極端内枠に入ると一転して高い優位性を持てており、これに合致すれば盲目的に狙っても良いぐらいです。

これらを踏まえた上で、ダ―ビーにおける過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見ておきます。
ダービー1
ダービー2
2400mの距離ですから基本的にハイペースになることは少なく、近10年で該当するのは前後半差2.7秒の2019年ぐらい(この年にしてもリオンリオンが2番手を1.5秒離したもので、レースラップほどのハイペースではなかった)。過去10年中4年が平均~ハイペース、残り6年がスローペースで、スローペースの6年中5年で前後半差2.0秒以上のスローペースですから、前半のペースは極端に速くなりにくいと考えて良いでしょう。ただ、スローペースになっても単純な終い勝負の緩い展開にはなりにくく、前後半差2.0秒のスローペースだった2016年は3番手松山Jが、同3.3秒のスローペースだった2020年は横山典弘Jが、同3.3秒のスローペースだった2021年は武豊Jが、極端に緩い流れになった時には正しい体内時計と正しいペース判断力と正しい競馬知識を持った騎手が早めに動くor捲ってレースを動かすことで4~5Fのロンスパ戦になっています。ルメールJが超スローペースを見越して捲ったのに前が全く抵抗せずラスト3F戦になった2017年や、大逃げ馬を除くと実質超スローペースなのに誰も動かずラスト3F戦になった2023年などの例もあるにはありますが、基本的には平均~ハイペースで流れるか、スローでも動き出しが早くなり、底力とスタミナが問われるレースになると考えるべきです。
特にスタミナ面は非常に重要で、2019年は残り1F地点で馬券内は確実と思えた1人気サートゥルナーリアがゴール前で失速して4着敗退。2021年はサトノレイナスとグレートマジシャンの3着争いと思われ刹那、2頭が失速した間を縫ってスタミナに優れたステラヴェローチェが差して3着に。2022年は早め先頭のアスクビクターモアがもう持たず、内からダノンベルーガが差して3着だと思えたにも関わらず、アスクが我慢しダノンが一伸び出来なかったことで着順は変わらず。オークスでも同様の光景が良く見られますが、特にダ―ビーの残り1Fでは距離適性の差がモロに出ますので、2400m以上をこなせるだけのスタミナを有していることはかなり大きなアドバンテージになります。

そして、底力が問われるレースだけに能力差が結果に結びつきやすい傾向があります。
ダービー2
過去10年の連対馬20頭中19頭を単勝5人気以内馬が占めていることが象徴的ですが、とにかく人気馬が強いレースで、1~3人気の連対率46.7%は全G1の中で3位タイ、複勝率60.0%は4位タイの数字。6人気以下馬は7頭しか馬券に絡めておらず、過去10年では同年に複数頭馬券に絡んだ例はなし。それだけフロックが起こりにくいと言うことですから、そこまでに残した実績を素直に信用すべきレースだと言えます。

そうなると、世代の強豪が集まる皐月賞組が強いのは当然で・・・
ダービー4
これは前走レース別成績(出走数が1のレースは除いています)ですが、過去10年の3着内好走馬30頭中23頭が皐月賞組。これはオークスにおける前走桜花賞組の占有率よりも高いものですが、それはオークスと桜花賞に800mもの距離差があり再現性が低く、より近距離を経験している別路線組にチャンスが生まれるのに対し、ダ―ビーと皐月賞は400mの違いでしかないことから再現性が高いから。過去10年全てで前走皐月賞組が2頭以上馬券に絡んでいますので、別路線組においては狭き門です。
そしてダ―ビーで走れる別路線組には共通項があるのですが、以降は長くなりますので明日に回しましょう。

と言うことで本日はここまで。
最後に、本日書いた中で豊富なスタミナが重要なポイントになると書きましたが、人気馬の中でこの馬に関してはその点で少々怪しい気が・・・
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内に馬名を記載しておきます(10位ぐらい)
馬体からも血統からも距離延長歓迎と言うタイプではないでしょうし、レース内容からも距離延長は懐疑的になってしまいます。最後の最後に底力とスタミナを振り絞る場面で案外伸びなかった、と言う可能性は考えておきたいです。

明日も「日本ダービー」を分析します。