最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

先日は告知していた「平安S」の追い切り分析記事をアップ出来ず申し訳ございません。
その代わりに「オークス」の追い切り分析を公開させて頂きます。
いつも通りに今回も評価は7段階(上から3+3-)としました。

 【2024 オークス】 
5点:該当馬なし

4点:ラヴァンダ
栗東坂路併せ。中3週で再度輸送もある状況ですが、1週前にはコースで併せ馬→今週は坂路で併せ馬と前走のパターンを踏襲出来ている点にまず好感が持てます。また1週前時点で良い反応を見せていたようにずっとデキが良く、今週も楽々先着。近2走のように4F51秒は切れませんでしたが、その代わりに力みがなくなっている点が良く、ラスト1Fで手前を換えてからまだまだ伸びようとしていたぐらいですから、印象は今回の方がずっと上。全く人気はないですが、これはデキの良さだけで拾っても良いぐらいです

4点:スウィープフィート
栗東坂路単走。ここまで坂路で4F56秒を切る時計を4本とかなり熱心なこの中間。最終追い切りで出した4F51.9秒の時計をはじめ、これまでにないぐらいの負荷を掛けられている点に陣営の強い意志を感じます。それに応えるように良い意味で動きが大きくなりダイナミックになっていますし、アクションが大きくなっただけでなくバネ感が増して一完歩の推進距離が大きくなっているようにも感じます。間違いなくデキはピーク、後はこれだけ負荷を掛けたことでどこまでテンションが上がるかですね。とりあえず追い切り段階としては文句なしです

3+点:チェルヴィニア
美浦W併せ。ここまで坂路とコースで速い時計を4本出して乗り込みは順調。1週前は時計こそ出たものの反応が悪く心配しましたが、あの一追いで上昇。今週は3頭併せの真ん中のいつもの形で、引っ張り切りの手応えのままで先着。反応はかなり良化しましたし、前進気勢はあるもののややコントロールを失う感じだった前走と違い、しっかりコントロール出来ている中で高い前進気勢を見せましたので、前走よりも確実に上昇カーブを描いているように思えます

3+点:ミアネーロ
美浦南W併せ。前走時と同じレース間隔ですが、今回は坂路では速い時計を出さずにコースだけで4本の時計。結果的に調教負荷は強くなっていますが、これはポジティブに捉えて良いと思います。今週は古馬OPパライバトルマリンとの併せ馬。反応がやや遅く一旦は前に出られかけましたが、促されてからしっかり反応してファイトバックしましたので問題なく、ラスト1F10.9秒ならば上々でしょう。飛びが大きく広いコースは向きそうですし、手前変換もスムーズでしたから左回りも問題ないでしょう

3点:ホーエリート
美浦南W単走。近3走と違って最終追い切りが単走になった点は気になりますが、2週前→1週前に併せ馬でしっかり負荷を掛けられており、もう強くやらなくて良いので単走になっただけ。この調教過程から順調に仕上がったと言う印象です。動きも柔らかみがあって馬体の凹凸もハッキリしていてデキはかなり良さそうですが、唯一直線早めに手前が戻ってしまった点がマイナス。あれが無ければ3+点でした。デキ自体は間違いなく良いです

3点:ヴィントシュティレ
美浦坂路単走。中3週の間隔なりに負荷を掛けられているこの中間。最終追い切りは坂路での単走追い。飛びが大きいのであまりスピードは感じませんが、一完歩毎にしっかりグリップ出来る力強さがありますし、フットワークは安定してバランスも良く良好。レースでは前向きさが強すぎますがそういう面も見せず、予想していたよりも随分と良い内容でした

3点:ステレンボッシュ
美浦W併せ。ここまでコースで速い時計は3本で標準。1週前は見た目にやや重く、動きも若干キレを欠いていたように見えましたが、あの一追いで馬体が絞れて動きもシャープに。かなり反応も良くなりました。ただ、惚れ惚れするほどの動きではなくその点に不足感はありますが、前走にしても動き自体は「それなり」でしたので、これで十分だと思います

3点:ライトバック
栗東CW単走。デビュー以降で最も間隔が詰まっていますので、あまり速い時計は出していないこの中間。それでも6F82~83秒と時計は出されており、ひとまず順調な中間の様子です。1週前も今週もやや行きたがる面は見せましたが、これは前走もほとんど一緒ですので問題ないですし、直線に入ってからしっかり反応出来てもいます。大きな上昇こそ感じませんが良い意味で平行線ですが、1週前には手前を換えず、今週はすぐ手前を戻してしまったことは少々気になります

3点:サフィラ
栗東坂路単走。4月下旬にノーザンファームしがらきから帰厩し、栗東では坂路で2本+コースで1本の速い時計を計時。間隔を考えると本数は少ないですが、外厩で乗られていますので問題はありません。テンションを上げないため意図時に時計を出していないだけと思われますが、それでも前走とほぼ変わらない程度の時計の出し方はやや物足りないです。ただ明らかに体はふっくらしており、この点はかなり嬉しい材料。あまり強調出来る点はないですが、この体を維持出来れば

3点:クイーンズウォーク
栗東坂路単走。中6週で関東遠征だったクイーンCと似たような調整ですが、大きく違うのは1週前に強い負荷を掛けて、今週は軽めの内容に留めたこと。その1週前の動きは桜花賞の1週前より良くて上々でしたが、今週がどうにも。馬体のアウトラインがややボケて見えますし、軽めにしても動きにはややキレを書いている感じが。速く走らせればまた違うのかも知れませんが、ちょっと違和感を感じるのは確かで

3点:タガノエルピーダ
栗東CW併せ。前走よりも全体的に負荷は若干軽めですが、いつも通りに3週連続併せ馬を消化して調整は順調です。今週も直線で仕掛けられると反応してそのまま先着するかと思いましたが、そこで気を抜いたのか勢いがなくなり、再度仕掛けられるとまたファイトバックすると言うチグハグな内容。どういう経緯でああなったのか分かりませんが、あまり印象は良くないですね。それでもデキが落ちたとは思えず、良い意味での平行線でしょう

3点:エセルフリーダ
美浦南W併せ。ここまでコースで4本の時計を出して乗り込みは順調。今週は6Fの自己ベストタイムを計時しつつ、ラスト1Fを11.2秒でまとめて並走馬を引き離しましたので特に文句はありません。ただ、最後まで左手前のままだったこと、やや内にモタれていた点は追い切りと同じ左回り戦を考えれば嬉しくなく、この分で高く評価することは出来ません

3点:アドマイヤベル
美浦W単走。中3週と間隔が詰まっていますが、1週前→当週は前走時と同じぐらいの時計。ただ終い精度は今回の方が落ちており、なんとか現状を維持するために苦心しているように思えます。毛色と日の光もあって肌艶は良く見せますが、体の方はギリギリ。G1に向かう調教としてはあまりポジティブには評価出来ません

3-点:コガネノソラ
美浦南W併せ。中2週→中2週の臨戦なので速い時計は出さず、終いだけ伸ばす形。間隔が詰まってもしっかり併せ馬が出来ましたし、先着したことも良かったのですが、コーナーからの反応はイマイチで手応え的には並走馬の方が勝っていた感も。全体に印象は地味で、大きな上積みは期待出来そうにないです

3-点:サンセットビュー
栗東坂路単走。前走の最終い追い切りは併せ馬でしたが、間隔が詰まっていることもあってか今回は単走。ただ全体時計は詰めましたし、1週前にはコースで時計を出されており(前走はポリウッド)全体的な負荷は増している点には好感が持てます。それでも全体的に力み加減で、その分で終いの反応が悪くなった点はマイナス。大きな変わり身は感じられません

3-点:パレハ
栗東坂路併せ。ここまでコースと坂路合わせて5本の速い時計を出して乗り込みは入念。今週は並走馬の真後ろに付けて、直線で並び掛ける実戦を想定した追い切り内容。指示通りに並び掛けるところまでは良かったですが、そこからの反応がイマイチで、この点にかなり物足りなさが残りました。ちなみに、この追い切り内容を見るとハナは主張しなさそうですね

3-点:ショウナンマヌエラ
栗東坂路単走。この中間は本数こそ乗られていますが、全体に負荷は軽めで状態を維持することに主眼が置かれている感じ。最終追い切りでは4F55.4秒とそれなりの時計は出しましたが、終始力んでいて口周りには泡が。その分で追われてからの反応が案外で、全く良く見せませんでした。ただでさえ低迷している現状、この調教では厳しいです


予想は午前1~3時頃にアップ予定です。