最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。

**********************************************************************

現在「23年12月会員様」を募集中です。
今月は有馬記念等のG1を含む中央重賞12戦+東京大賞典の13戦を配信。
価格は4,920円です。

詳しくは下記記事からお願いします。
↓ ↓
「23年12月会員様募集について」記事へ

**********************************************************************

皆様、こんばんは。

本日は「チャレンジC」について分析しましょう。
まずは舞台となる阪神芝2000mコースについて考えますが、その前に阪神内回りコースはかなり特殊なので、まずは阪神内回りコースについて理解しておきましょう。
大阪杯1
これは小回り・内回り全コース(参考として、内回りコースの設定がない東京と中京のデータも掲載)のコーナー距離を一覧にしたものですが、阪神内回りの1~2角の距離は全場で最も短く、3~4角の距離は阪神外回りと中山外回り(共に上記一覧には表記なし)に次ぐ3番目の長さで、東京コースよりも長いです。言い換えると、1~2角のコーナーはかなり急であるのに対し、3~4角のコーナーはかなり緩いと言うこと。これにより何が起こるかと言うと、急カーブの1~2角はどうしてもペースが落ちること。通常仕掛けの意識が強まる内回り3角ですが、阪神の場合はここがまだ残り1000mを切ったところなので、結果として仕掛けが通常よりも早まると言うこと。よくある内回りコースのイメージとは違うペースパターンになりますので、これはよく覚えておいた方が良いです。

それを踏まえた上で阪神芝内2000mコースについて考えます。
チャレ1
大阪杯2
スタートは正面スタンド前右手、内回りの直線に入って50mほど進んだ地点。外回り2400mと同じスタート位置になります。1角までの直線距離は309m(Bコース時)とそれほど長くないことに加えて、スタート後100m進んだところがゴール前の急坂、更に前述したように1~2角がキツいことから2角までのペースは上がらない傾向で、これはG1レベルでも同様です。一方、後半に関しては先程書いたようにペースアップ位置は早くなりがちで、概ね残り1000m地点あたりからペースアップ。レベルが高くなると緩みまくった2角出口あたりからペースアップが始まりますので、1000m前後を中速で走り続けられるスタミナと持久力が必要になります。
通常5F前後のロンスパ戦になると差し馬が優勢になりますが、阪神芝内回りは前半がかなり緩くなりがちですから、それなりのスタミナと持久力があれば先行馬は頑張れます。それよりも後半はかなり持久力が必要ですから、脚質に関わらず2000mを越える距離に対応出来るだけのスタミナが欲しいところで、こういう点も通常の内回り2000mコースとは一線を画します。

次に過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見ておきます。
チャレ2
チャレ3
昨年こそハイペースになっていますが、これはレッドベルオーブが大逃げを打ったから。1.5秒離れた2番手馬基準では前後半59.2-58.3秒ですから、2021年以前同様にペースはスローです。また、動き出しも早めで、4Fロンスパ戦になったのは2021年だけ。昨年も実質ラップは5Fロンスパ戦で、2020年以前も5~6Fロンスパ戦ですから、阪神芝内2000mらしいペースになると考えて良さそうです。

そうなるとコース傾向通りにやや前有利な結果になるはずですが、事実チャレンジCが現条件に替わった過去6年の3着内好走馬18頭中7頭が3角4番手以内通過馬で、勝ち馬6頭中5頭がこれに該当します。

更に、先程「脚質に関わらず2000mを越える距離に対応出来るだけのスタミナが欲しいところ」と書きましたが、そういうコースだけに距離短縮馬に優位性が。
チャレ5

また血統傾向にも特徴があって、過去6年で複数の好走馬を出している種牡馬はキングカメハメハ(4頭)・ディープインパクト(3頭)・ステイゴールド(2頭)・オルフェーヴル(2頭)・ハービンジャー(2頭)の5頭ですが、ほとんどの条件で好走馬を出すディープインパクトを除くとスタミナに優れた種牡馬ばかりであることが分かります。特に晩年産駒になればなるほど好走距離が延びているキングカメハメハ産駒は、過去に好走した4頭が全て違う馬で、母父としても2頭の好走馬を出している特注血統ですから、キングカメハメハ産駒のボッケリーニと、母父キングカメハメハのイズジョーノキセキには一目置くべきです。

最後に年齢別成績を見ておきます。
チャレ4
3歳馬の成績が圧倒的なので「3歳馬強し」と考えてしまいがちですが、このデータにはちょっとカラクリが。と言うのも、過去6年で出走した4歳以上馬61頭中前走が非重賞だった馬は約4割に当たる23頭。また、前走重賞出走馬38頭中についても前走がG1だった馬は僅か6頭のみ。また、前走G2/G3出走馬30頭中で5着以内からの臨戦だった馬は7頭のみ。つまりメンバーレベルが低かったことで3歳馬が優勢になった感があって、単純に「3歳馬強し」と考えるのは危険だと思います。
今年は登録段階で前走G1出走馬が3頭、G2連対馬とOP特別勝ち馬が1頭ずつと例年より古馬の層は厚いと思えますので、3歳馬を過度に評価しないように気を付けたいです。

と言うことで本日は以上。
このレースには間違いなく舐められたオッズになる美味しい穴馬が存在しますが、その馬は本命候補なのでここでは秘密。美味しい配当を運んでくれそうで、今から本当に楽しみです。
代わりに圏内好走は堅そうな馬をご紹介しておきましょう。
この馬です。
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(D)が該当馬です(5位ぐらい・最下部に記載)
まあベタな狙いですが、単純に前走は強いですし開幕週の馬場も◎。ただ季節的に心配なところがあるので信じすぎるのは危険ですし、そのあたりは追い切りを見て判断したいです。

尚、今週から週中のバナークリック数次第で各レースの追い切り分析を無料公開するか決定します。ご了承ください。

明日は「チャレンジC」の追い切り分析です。