最強競馬ブログランキングへ


いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

昨日は個人的な事情で更新が出来ず申し訳ございません。
本日は、本来昨日公開予定であった「スプリンターズS」の分析を行います。
まずは舞台となる中山芝外1200mコースについて考えます。
SS1
SS2
スタートは外回りコースの2角立ち上がり。スタート後約250mでかなり緩いカーブを回って以降は残り600mまでほぼ直線が続き、コーナーらしいコーナーは4角だけと言う特殊なコースで、芝ダート・中央地方を通じてこんな1200mコースはないほどに特殊なコース。4角に入るまでほぼ直線が続くこと、スタートから500mで3mも下るレイアウト、これらから序盤からペースは上がる傾向で、2F目以降は段階的に減速ラップを踏むのがデフォルト。どこかで緩んで再加速と言うパターンは珍しく、かなり基礎スピードが活きるコースになります。
序盤からペースが上がる=ハイペースコースなので間違った競馬の常識を持っている方は先行馬不利と考えるでしょうが、そんなことはありません。
SS3
これは各芝1200mコースにおける3角4番手以内通過馬の成績(過去10年・13頭立て以上・新馬戦除く)ですが、中山芝1200mの複勝率は上から2番目。むしろ先行馬が良績を残すコースになっています。これはこのブログでもう飽きるほど書いていることですが、スプリント戦の先行馬は基礎スピードに優れているもの。そういうタイプは溜めてもどうにもなりませんし、序盤から飛ばして基礎スピードを活かす形がベスト。そうすることで後続との物理的距離差を作れることにもなります。逆に差し馬は序盤に位置が取れないからこそ差し馬なのであって、序盤からペースが上がると前との物理的距離差が広がりますし、道中で緩まないので前との距離差を縮めるポイントを見失うことになります(無理せず前との距離差を縮められるのはラップが緩んだ所以外には無い)。つまり距離差を挽回出来るのは最終盤だけになるわけで、これが中山芝1200m戦で先行馬が有利になる理由。最も先行馬の好走率が高いのは阪神芝1200mですが、阪神芝1200mも中山同様に序盤から下りレイアウトでペースが緩みにくいと言う共通点があります。従ってこの2コースで先行馬の好走率が高いのは必然で、ハイペース=差し馬有利と言う化石のような考え方が正しくないことを表しています。とは言え、あまりにペースが上がってオーバーペースになると先行馬も失速することになることは言わずもがな。そこは勘違いしないでおきたいです。

これを踏まえた上で、過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見ておきます。
SS4
SS5
モズスーパーフレアがハナを切って他が競って行かなかった2021年のように極端なハイペースを刻まない年もありますが、その他4年では全て前後半差1.5秒以上の前傾戦。また、中山開催過去10年でラスト3F中で加速ラップになったのは2019年のラスト3F目→2F目だけですから、中山らしい減速ラップを踏み続ける流れになります。従って脚質的にもやや先行馬有利で、過去5年の3着内好走馬15頭中7頭が3角4番手以内通過馬。また15頭中11頭が3角8番手以内通過馬ですから、概ね馬群の真ん中から前で競馬をした馬の良績が目立ちます。ちなみに、4角10番手以下馬が2頭も馬券に絡んだ2020年は、近5年では最も顕著に外有利馬場だった年。ペースと言うよりは馬場が極端な位置の差し馬の好走を誘発したと考えた方が良いです。

ペースに関して言うと、まずご覧頂きたいのが以下の一覧表。
SS6
これは過去30年のスプリンターズSにおける前後半差を一覧にしたもの(前半3Fから後半3Fを引いたもの。不良馬場は後半ラップが掛かって前後半差が大きくなるので、良・稍重年のみ)。そして「SS頭数」とあるのは、サンデーサイレンス直仔or父父サンデーサイレンスの産駒が何頭出走していたかを示します。
サンデーサイレンスが近代日本競馬を根底から変化させたことは今更言うまでもないですが、同産駒の大きな特徴は瞬発力に優れていること。瞬発力に優れた馬はその脚を引き出すために追走に脚を削がれたくないわけですが、そういう馬が増えれば増えるほど全体のペースが緩むことは想像に難くありません。
サンデーサイレンスの血が日本に入るまでのスプリンターズSは、前半から飛ばしまくるラップパターンがデフォルト。それはサンデーサイレンス産駒が居なかったorほぼ居なかった2001年以前の前後半差が大きくなっていることからも明らかです。ただ2003年以降はサンデーサイレンスの血が濃い馬の出走数が増加し、それに伴ってペースも段々と緩いものに。2017年までは前後半差が2.0秒以上の前傾戦になったことは一度しか無く、2001年以前とは別物のレースになりました。ただ、近年ではサンデーサイレンスの血が飽和状態になり、血を薄めるために他系統の血が大量投入されることに。そうやってサンデーサイレンスの影響力が低下した近5年では昔のように前後半差が大きいラップに変化して来ており、これは今後しばらく続くことになるでしょう。
ちなみに、前後半差2.0秒以上が主流だった2001年以前の10年間における3着内好走馬30頭中24頭が3角8番手以内通過馬。やはりこのコースの前傾戦で極端な位置の差し馬は不振です。競馬の本質と言うものはそうそう簡単には変わらないんです。

そういうハイラップになりやすいレースだけに、好走馬は純然たるスプリンターがほとんど。ペースが緩んだ2021年以外の好走馬を列挙すると・・・
ジャンダルム・ウインマーベル・ナランフレグ・グランアレグリア・ダノンスマッシュ・アウィルアウェイ・タワーオブロンドン・モズスーパーフレア・ファインニードル・ラブカンプー・ラインスピリット
純然たるスプリンターではないのはグランアレグリアとウインマーベルぐらいで、後は1200mでしか良績を残していない馬ばかりです。従って「1400mもこなせる馬」よりも「1200mでしか走れない」馬を優先して考えた方が良いです。

そしてハイラップになりやすい近年傾向に伴って見ておきたいのが枠番別成績。
2012~2017年
SS7

2018~2022年
SS8
近5年と2017年以前の5年ではより外枠馬の成績が悪くなっていることに気付きます。近5年は前後半差が大きいラップになることは既に書いた通りですが、つまりそれだけ前半ラップが速くなっていると言うこと。コーナーで外を回されることは不利ですが、その地点のラップが速ければ速いほど外を回される馬の負荷が増大するのは当然で(1~2角で外を回すことと、3~4角で外を回すことはイコールではないですよね)、つまり最序盤に最もラップが上がるスプリンターズSでは序盤に外を回す馬ほど不利になります(例え4角までのコーナーが緩いとは言え)。序盤のラップが以前よりも速くなっている近5年でそれが顕著になっているのは当然で、恐らく今年以降も同様の事象は続くことになるでしょう。外有利馬場になっていなければ尚のこと外不利ですから、土曜の馬場傾向はしっかり見ておきましょう。

と言うことで本日は以上。
過去傾向など他にも書こうと思えば山ほど書くことはありますが、肝になるのは今日書いたことだけ。例えば、緩めのペースで好走した馬は信用出来ないだろうこと、前哨戦を極端な位置からの競馬で好走した馬の信頼度が低いこと、などなどは今日書いた内容から容易に想像出来ることですから、これらを参考に予想を組み立てて頂ければ幸いです。
そしてこれらの内容は予想家全員が全員書けるものではないですから、ウチのブログを見て頂けた優位性を活かせるはずです。今年のスプリンターズSは何が何でも絶対に獲るつもりですが、皆様のご健闘もお祈りいたします。

最後に、今年の人気馬と穴人気馬を抱えるこの種牡馬について気になるデータをご紹介して本日の締めとさせて頂きます。
テーマはこの種牡馬!
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内に馬名を記載しておきます(5位ぐらい)
産駒の芝1200m成績は勝率9.4%・連対率17.5%・複勝率25.0%ですが、序盤から下りでペースが上がりやすくラスト1Fで急坂が待っていると言う点で共通する中山と阪神の成績は、中山=勝率6.5%・連対率16.1%・複勝率19.4%、阪神=勝率12.0%・連対率12.0%・複勝率16.0%と好走率は水準以下です。また、2勝Cより上の中山戦は【0-1-0-8】で唯一の好走例は2歳OPのみ。これらから基礎スピードが問われる流れが得意ではないのでは?と言う推測が出来ます。父の父の名前を見れば納得で、となるとあの人気馬は・・・


明日は「シリウスS」を分析します。