皆様、こんばんは

本日は「神戸新聞杯」の追い切り分析です。今回も評価は6段階(上から3+)としました。

では、早速参りましょう。

 【神戸新聞杯】 
※メイショウラナキラ、ヤマニンゼストは映像がないため評価対象外

5点:該当馬なし


4点:ジュンブロッサム
栗東坂路単走。1週前のコース追いを見た時に「春よりも体高が伸びて成長したな」と思わせた本馬。その1週前には併せた古馬OPフライライクバードを楽に突き放しましたので、あの時点でほぼ仕上がっていたと思えます。従って今週は坂路で軽め(基本的に当週には負荷を掛けない厩舎でもあります)でしたが、かなりの楽走ながら4F自己ベストタイの時計が出たのは成長の証。ラスト1Fも見た目には13.0秒前後の感覚でしたが、実際には12.5秒ですから一完歩の推進力に優れていると言うことです。見た目には目立たない内容ですが、これは良いですよ


3+点:パラレルビジョン
美浦南W併せ。4週連続ウッドコースで6Fから併せ馬を行い至って順調。併せ馬の相手もサクセッション・シンハリング・サークルオブライフ・サリエラなど豪華で、この調教だけでも力は付くでしょうね。しっかり乗り込まれているので今週は馬なりで。それでも仕掛けられるとスッと反応して併せたモーソンピークも半馬身前に出て、後は相手が来るだけ伸びると言う好内容。休み明けですが、権利取りに向けて仕上げに抜かりはありません。もっと全身を大きくしなるように使えるようになれば4点でしたが、現時点でも十分に高い評価を下せる内容です

3+点:リカンカブール
栗東坂路併せ。前走から中4週の臨戦ですが、1週前にコースで負荷を掛けて当週は坂路と言うこれまでのパターンを踏襲。今週の坂路は4F53.0秒と言う本馬にしてはかなり速い時計(自己ベストを1秒以上更新)出して来ましたので、ここへ向けての意欲を感じます。ラスト1F12.9秒は一見物足りない数字ですが、元々時計は出ないタイプですし、最後はかなり流していましたので上々です。馬体は春よりも重厚感を増していて成長を感じます

3点:コントゥラット
栗東坂路併せ。並走馬に2馬身遅れた内容でしたが、終始馬なりのままで強く追われていませんので、この遅れ自体を気にする必要はないです。やや発汗が気になりますが、それよりもやけにボリューム感にあふれた馬体は目立つもの。1週前にはCWで自己ベストを大幅に上回る時計を出して成長を感じさせましたが、その時計とこの馬体、ちょっと怖さを感じます

3点:ビーアストニッシド
栗東坂路単走。1週前に岩田J騎乗でビシッと追われて、今週は終始馬なりの内容。時計推移的にもここがメイチの仕上げではないですし、それはあと一歩足りない馬体の張りからも明白です(本当に良い時はしっかり中から膨らむ馬ですから)。ただ春よりも落ち着いて走れている点は気性に問題がある本馬にとっては大きなポイント。目標は先でもそれなりの評価は必要だと感じます

3点:ジャスティンパレス
栗東CW併せ。2週連続で鮫島駿J騎乗。1週前にはゴール板を過ぎてからもガシガシ追われる強負荷の稽古を消化。それで大方仕上がったと思われ、今週は行きたがる馬を行かせすぎないように抑え込みながらと言う内容。ぶっ放せば突き放すだろう手応えでしたので、走れる態勢は整った感があります。ただ秋に成長を期待させた春の内容の割には馬体に大きな成長が見られませんし、いまだ手前変換に手間取る不器用さも改善されておらず。春は直線で真っすぐ走れないことが大きなマイナスになった経緯があるだけに、もう少し成長の跡を見せて欲しかったのが本音です

3点:プラダリア
栗東CW単走。1週前の併せ馬では古馬3勝Cアジャストザルートに遊ばれてやや遅れたと言う内容。ただ1週前だったことを考えると悲観する必要はないのですが、今週も坂路ではなくコース追いになったのは気になるところ。と言うのも最終追い切りは坂路がパターンの馬ですから、それだけ重めが残っていると言うことなのでしょう。事実馬体はやや余裕があるものですから、完調と言うわけには行かなさそうです。ただ馬体のバランスの良さ、これは出走馬中でも明確に上位ですね

3点:ミスターホワイト
栗東坂路併せ。前の出はスムーズなのですが、四肢の可動域は広くなく、この点に物足りなさはあります。ただ芦毛にしては肌艶の良さが目立ちますし、活気も十分で体調は良さそう

3点:アイキャンドウイッ
栗東坂路単走。四肢の蹴り出し方向はキレイで前後の連動性は取れてます。ただ四肢の可動域は狭く、スケール感は感じません。この馬なりに良い状態だとは思いますが、果たして能力が足りるかどうか。フットワークだけで判断するなら厳しいでしょう

3点:ヴェローナシチー
栗東坂路併せ。1週前のコース追いで大きく遅れていましたので今週の動きを注目していましたが、馬自身には活気があってそれほど悪い状態とは思いませんでした。ただ追われてからが案外で、先着はしたものの1F12.5秒はやや食い足りないもの。終始舌を出しながら、と言う点も個人的には気に入らず、ここは休み明けらしい仕上げに思えます。賞金が足りていないのでもっと仕上げて来ると思ったのですが・・・

3点:アスクワイルドモア
栗東CW併せ。2週連続CWで6F83秒台の時計を出して、今週は一杯追い。時計だけを見れば1週前83.4秒→当週86.8秒だった京都新聞杯より負荷を掛けて来たな、と思うところですが、裏を返せば今週も速い時計を「出さなければいけなかった」と言うこと。動きを見ればそれは明白で、馬なりだったダノンドリーマー(古馬2勝C)相手に追って追って何とか同入に持ち込んだと言う内容。ゴール直前まで手前が換わらなかったところを見ても体が重いのでしょう。馬なりのまま11.4秒を計時して並走馬を突き放した京都新聞杯時とは雲泥の差でした(京都新聞杯時は全体時計が遅かった分、終いに反応出来た面はあるでしょうが)。菊花賞への賞金は足りている状況ですから、ここは叩き台感覚なのでしょう

3点:ボルドグフーシュ
栗東坂路単走。時計は出ているのですが、終始頭が高く見栄えのしないフットワーク。元々良く見せる馬ではないのですが、それにしても物足りなさは感じました。また、変則日程の影響で火曜が全休→木曜追いになった影響もあるのでしょうが、今回は最終追い切りが単走になった点も気掛かり

3点:サンセットクラウド
栗東坂路併せ。1週前にCWで、今週は坂路で2週連続併せ馬を実施。間隔が開きましたので、それなりに負荷を掛けて来た点には好感が持てます。ただ440㎏の馬体重の印象以上に貧弱に見せる馬体は世代最上位戦のここに入ると見劣りますし、今週の坂路の時計の割に推進力がイマイチ。ちょっと素質的にここは厳しいと言わざるを得ませんが・・・

2点:レヴァンジル
美浦南W併せ。2週連続で5F66秒台の時計ですから、イマイチ攻め切れていないのは時計を見ても分かります。動きの方も同様で、今週は馬なりの並走馬(古馬1勝Cエスコバル)に無抵抗のまま2馬身遅れたと言う内容。新聞では「馬なり」となっていますが、終始手綱は大きく動いて促されており、全然馬なりではありません(一体何を見ているんでしょうかね)。大きく追走したと言うエクスキューズはありますが、それにしてもの内容で、明らかに本来のデキにはありません

2点:サトノヘリオス
栗東芝単走。通常は1週前に負荷を掛けて当週軽めがパターンなのですが、今回は1週前も当週もやや軽めで直線で一杯に追われただけ。まずこの内容が気になります。そして2週共にかなり力んで走っている点も気掛かり。レースでは折り合いに難しさがあるだけに、調教段階からリラックスして走れていない点はマイナスですし、2週共に手前変換の指示に従えずにずっと右手前のままでした。そして今週はラスト1Fだけ一杯に追われたものの反応は鈍く、1F12.5秒。芝コースだと言うことを考えれば明らかに食い足りない時計で、ほぼ良い所がない追い切りだったと思います。馬体の見た目が悪いわけではないのですが・・・


「オールカマー」の追い切りは私の体力次第なので未定とさせて下さい。歯を食いしばって頑張ろうとは思っています。