※お知らせ※
本日17時頃から「7月会員様」の募集を開始しますので、よろしくお願い致します。
尚、7月会員様の購読範囲に帝王賞は含まれませんので、その点ご注意下さい。




中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

本日は29日(水)に大井競馬場で行われる、ダート競馬の総決算「帝王賞」について分析します。
まずは舞台となる大井外ダ2000mコースについて考えます。
大井3
大井外ダ2000mには大きな特徴が2点。1点目は、1角まで約500mと長い直線が続くために比較的テンが速くなりがちだということ。2点目は、横長のコース形態且つスパイラルカーブが採用されていないために3角のコーナー径がかなりキツく、どうしてもこの地点(=ラスト3F地点)で減速してしまうと言うこと。ただこの地点は勝負所でもありますから、ここで緩んだ分がラスト2F目に反動として出ますので、場合によってはラスト3-2Fで1.0秒以上の急加速になる場合もあります。
これらの特徴が示すことは、前半はペースが上がるにも関わらず勝負所では顕著に緩むことから、先行馬は前半に無理をして作った後続との距離差を3角で易々と手放してしまうと言うこと。言い方を換えれば、前半に脚を使わず、勝負所ではあまり無理をせずとも前との距離差を詰めることが出来る差し馬が優勢であると言うことです。そして、4角出口付近から一気にペースが上がることに対応出来るだけのギアチェンジ力が必須であることも重要なポイントです。

それを踏まえて過去5年のレースラップと、3着内好走馬一覧を見てみます。
帝王賞1
帝王賞2
ペースについては過去5年中3年でハイペース。ラップ的にはラスト4-3F目で顕著に緩んで直線再加速の形になっていますので、概ねコース傾向通りのラップ構成になっていると言えるでしょう。今年は明確な逃げ馬が不在ですが、どういうペースになるかは予想本文にて。

馬場ですが、今週の大井は月・火共に良馬場での開催。明日も酷暑になりそうですので、ゲリラ豪雨でもない限りは火曜までの馬場を踏襲するでしょう。その火曜の馬場ですが、メインの「優駿スプリント(3歳S2)」の勝ち時計が1分11秒9(昨年が1分12秒1)。最終レースのB2特別のマイル戦が1分40秒5(昨年が1分41秒2)。その他のレースを見ていても昨年より時計は速い印象で、良馬場でもそれほどパワー系ではない馬場に見えます。
伸び所は中ほどから外。全レースで内2頭分はあからさまに開けられていたように恐らく砂が深く伸びない状態(特に4角出口から残り200mあたりまで)。逃げ馬がやや外を回すので差し馬はそれに振られて過度に外を回してしまうことになりますが、帝王賞は9頭立てなので、このあたりはあまりナーバスに考えないで良いかなと思います。

続いて展開ですが、確たる逃げ馬不在。前走で「スムーズな競馬をしてあげないと」と次走での作戦を示唆していた・・・


この先をお読み頂くにはパスワードが必要です。 「月額会員様」へ配布済のパスワード入力をお願い致します。
月額会員様以外は本日分のnoteをご購入頂ければ、同じ内容の記事をお読み頂けます。
本日分のnoteは下記リンクからご購読頂けます(380円)


(パスワードをご利用頂く方へ)

スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは月額会員様へ配布済のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは月額会員様へ配布済のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。