中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

本日は土曜重賞「愛知杯」について分析します。
まずは舞台となる中京芝2000mコースについて考えましょう。
中日1

ローズ2

中京芝2000mは正面スタンド前からのスタート。スタート位置が坂の途中であること(上りスタート)、1角まで約314mと十分とは言えない距離しかないこと、緩やかながら向正面まで上りが続くこと、以上から前半のペースは上がらない傾向。その代わりに残り1000mから直線途中まで下りが続きますので、概ね4~5Fのロンスパ戦になる傾向が強いです。
1角まで500m超の直線が続くことから序盤のペースが上がりつつ2度の坂越えになる芝2200mは前半の負荷が大きいために先行馬が失速して差し競馬になりやすいですが、2000mは前半の負荷が2200m戦に比べると軽いために2200mほどに極端な差し傾向は示しません。それでも残り1000m付近からペースが上がりやすいロンスパコースには違いありませんので、どちらかと言えば差し馬が優勢になりやすい傾向があります。

ここで「愛知杯」の過去ラップを見ておきたいですが、2020年は小倉開催でしたのでこの年を除いた過去5年のレースラップを掲載します。
愛知杯1
前3頭が後続を10馬身離す逃げ争いを演じてハイペースになった前走を除くと、概ね前半はゆっくり入る傾向。また5年中4年でラスト5~6F目からペースアップしていますので、コース傾向通りのラップ構成になるレースだと考えて良いですし、牝馬限定戦とは言っても流石は重賞で仕掛け位置は条件戦よりも比較的早くなると考えて良いしょう。

次に過去5年(小倉開催除く)の3着内好走馬一覧を見てみます。
愛知杯2
5~6Fロンスパ戦がデフォルトだけに差し馬優勢で、過去5年の3着内好走馬15頭中10頭が3角8番手以下馬。ただ、前後半差4.4秒スローの2019年、同1.8秒スローの2017年では複数の先行馬が馬券に絡んでいることに注目すべきで、いくら5~6Fロンスパ戦でも重賞で前後半差2.0秒以上程度のスローであれば前が残れると考えた方が良さそうです。
今年の登録馬で近3走以内に逃げた経験があるのはクールキャットだけで現時点ではかなりのスローペースが予想されますので、ロンスパ傾向が強いコースと言えども先行馬を重視した方が良いかも知れません。

次に前走クラス別成績を見ておきます。
愛知杯3
牝馬限定のハンデ重賞らしく前走条件戦経由馬が6頭も馬券に絡んでおり、その内2頭は前走2勝C使用馬。好走ルートは多岐にわたりますが、中心になるのは5年連続で1頭以上の好走馬を出し、ベタ買いの単複回収率も高い前走重賞出走馬で間違いないでしょう。中でも前走で5人気以内に支持されていた馬は【2-2-1-8】勝率15.4%(単回値257円)、連対率30.8%、複勝率38.5%(複回値138円)と良績を残していますので、今年の該当馬であるアンドヴァラナウトマジックキャッスルには期待が持てそうです。

ハンデ戦だけに、その他で注目しておきたいのは斤量面。
今回斤量減【4-3-2-42】勝率7.8%(単回値127円)、連対率13.7%、複勝率17.6%(複回値76円)
今回同斤量【1-1-2-17】勝率4.8%(単回値55円)、連対率9.5%、複勝率19.0%(複回値68円)
今回斤量増【0-1-1-9】勝率0.0%(単回値0円)、連対率9.1%、複勝率18.2%(複回値30円)


好走率こそ大差ないものの、配当妙味があるのは断然今回斤量減の馬。ただ今回の斤量が53㎏以下馬(=単純に格下馬や能力が足りない馬)は【1-2-1-36】勝率2.5%(単回値12円)、連対率7.5%、複勝率10.0%(複回値40円)と良績がありませんので、狙えるのは斤量54㎏以上の馬のみ。該当馬は【3-1-1-6】勝率27.3%(単回値545円)、連対率36.4%、複勝率45.5%(複回値210円)ですから、今年該当するクラヴェル(日経新春杯出走濃厚ですが)とデゼルには要注目です。

最後に、データ面以外での個人的注目馬がこの馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内の当ブログ紹介文に馬名を記載しておきます(10位ぐらい)
前走は中間に蹄不安が出たと言うことで本来のウッドコース仕上げではなく坂路仕上げ。敗戦の原因は多分にこの調教過程が原因ですから、過度に評価を下げる必要はないでしょう。今回は年明け→1週前とウッドコースでの調教が行われていますので、最終追い切りもウッドコースで追われるようであれば巻き返し必至と考えて良いでしょう

ページを閉じる前に、こちらのバナーもクリックしてから閉じて頂けるとありがたいです。
↓ ↓

中央競馬ランキング

次回は明日午前1時更新で「日経新春杯」の記事をアップ予定です。