中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。


皆様、こんばんは。

本日は「京成杯」について分析します。
まずは舞台となる中山芝内2000mコースについて考えます。

京成杯1


中山芝2000m

中山芝内2000mは4角出口、スタンド右端からのスタート。1角までは367.2m(Cコース時)とそれなりの距離があるものの、ゴール前の急坂を含めた上りレイアウトであるために前半のペースは上がらない傾向。ペースが上がるのはコーナーを回り切りった向正面からで、1~2角中間から下りレイアウトになることも相まって概ね5F前後のロンスパ戦になるのがデフォルト。レースの格が上がるのに比例してペースアップ地点が早くなる傾向があります。

ここで過去5年のレースラップを見ておきます。
京成杯2
コスモイグナーツとジェネラーレウーノが逃げ争いをした2018年を除いた4年でスローペースになっていますから、これはコース傾向通り。中山芝内2000m重賞だと早くてラスト6F目からペースアップしますが、スローペースで流れた4年中2年は4Fロンスパ戦で、2年は5Fロンスパ戦ですから、重賞にしてはペースアップ地点は遅め。重賞と言っても実質1勝C戦レベルでしかないレースですが、ペースパターンにもそれは現れていますね。

次に、過去5年の3着内好走馬一覧をご覧頂きます。
京成杯3
「前半スロー且つ動き出しが遅いと当然先行馬有利」「前半スローでも5Fロンスパ戦になると先行馬は能力が高くなければ残すのは困難」これが競馬の基本的な考え方ですが、その通りに前半スロー且つ4Fロンスパ戦だった2019年と2021年の3着内好走馬6頭は全て3角5番手以内馬。一方で5Fロンスパ戦になった2017年と2019年の3着内好走馬6頭中4頭は3角10番手以下馬。ハイペースになった2018年も差し馬優勢。
概ね5F以上のロンスパ戦になる古馬重賞だと差し馬に狙いを定めれば良いのですが、低レベル戦で動き出し位置が読みづらいこのレースは先行馬か差し馬か、どちらが有利になるかを事前予想することが難しいです。ただ、多頭数戦になると動き出しが早くなる傾向が強く、出走頭数が多い=逃げ馬が複数出走する確率が上がるために前半からペースが上がることもありますので(2018年なんかはそういうレースでした)、現時点で17頭が登録している今年は差し優勢と考えた方が良さそうです。

差し優勢だと考えると、前走で後半性能の高さを証明出来ていると優位性を持てます。後半性能の高さを表す指標のひとつが上がり3Fタイム(順位)ですが、前走芝戦で上がり3F2位以内を記録していた馬は【8-5-8-35】勝率14.3%(単回値118円)、連対率23.2%、複勝率37.5%(複回値101円)と単複ベタ買いでプラス。該当馬は過去10年全てで1頭以上の好走馬を出し、10年中8年で2頭以上の好走馬を出しているわけですから、該当馬を中心に馬券を組み立てることが正解だと言えそうです。
そしてその中でも「ある条件」も満たせば【6-4-7-25】勝率14.3%(単回値122円)、連対率23.8%、複勝率40.5%(複回値110円)まで成績が上昇。該当馬が年平均で4頭しか存在しないことを考えると、過去10年全てで1頭以上の好走馬を出していることは驚異的とさえ言えますが、今年も登録段階で該当馬は4頭。いずれも人気は無さそうですが、相手には絶対に加えておきたいですね。
その「ある条件」とはこれです!
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内の当ブログ紹介文に「ある条件」を記載しておきます(10位ぐらい)

ページを閉じる前に、こちらのバナーもクリックしてから閉じて頂けるとありがたいです。
↓ ↓

中央競馬ランキング

本日と明日の更新は変則パターンになります。
明日12日のお昼12時頃に「愛知杯」の記事を、13日(木)に「日経新春杯」の記事をアップ予定です。